池田純税理士事務所

富山県富山市の税理士事務所のブログです。

贈与税早見表 

 

平成27年より贈与税の税率が改定されました。改定後の贈与税の早見表を作成しましたのでご活用ください。

 表中の特例贈与とは、直系尊属(祖父母や父母など)からその年の1月1日において20歳以上の者への贈与をいい、それ以外の贈与は一般贈与のほうをみてください。特定贈与と一般贈与では税率が異なり、1年あたり(1月から12月まで)410万円を超える贈与については、特例贈与のほうが贈与税額が低くなります。
 また、贈与税の非課税金額は1年あたり110万円ですので、110万円までの贈与の場合は贈与税はかかりません。

 参考までに贈与財産に対する贈与税の割合も算出しました。贈与税の税率は累進課税となっており、贈与財産が多くくなるほど贈与税の割合も高くなります。つまり1年でまとまった金額を贈与するよりも年々かに分けて贈与するほうが有利となります。

 例えば、1,000万円を特定贈与する場合、1年で贈与を行うと贈与税は177万円となりますが、2回に分けて500万円ずつ贈与すると、98万円(49万円×2)となります。

 相続税のシミュレーション(他の記事で相続税の早見表も掲載しています。)を行い、相続税の負担が大きい場合は、相続税の税率よりも有利な贈与税率の範囲で生前贈与を行うことで、相続税、贈与税を総合的にみて節税をすることができます。また、年間110万円の非課税以外にも、教育資金や結婚資金の贈与の非課税などの贈与税の軽減制度を使って効率的に生前贈与を行うこともできます。贈与や相続のことについてご相談がありましたらお気軽にお問合せください。

相続税早見表2
・平成28年9月現在

category: 相続税・贈与税

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top